文字サイズ
小 中 大
English
情報公開 アクセス

ロシア語専攻

専攻について

fl_rus01.jpg 日本とロシアは隣国であり、世界の主要国です。この二つの国が理解しあい共に発展することは、両国のために、そして世界のためにとても重要なことです。そのロシアを学ぶ「ロシア語専攻」は、1922(大正11) 年に大阪外国語学校が開校すると同時に発足した「露語部」を受け継いでおり、90年近くにわたり、日本におけるロシア語教育の中核的存在であり続けています。「ロシア語専攻」は、これからもロシア語のみならず、ロシアに関する専門的知識をもって国際的に活躍する人材の育成に努めます。

教育・カリキュラム

 1年次と2年次では、学年ごとに定めた目標に到達できるような授業を受けます。ロシア語の習得はたしかに簡単ではありませんが、少人数制の授業に出席して、いろいろな課題をこなすことによって、無理なくロシア語学習に取り組めるでしょう。また、ロシアに関する様々な事情を講じる授業もあります。3年次と4年次では、ロシア語の運用能力をさらに高めるとともに、ロシアや周辺地域の言語、文学・芸術、政治・経済、文化・歴史を専門的に学びます。

学生生活

 「ロシア語専攻」は留学にも力を入れています。国立サンクトペテルブルグ大学、国立モスクワ言語大学、国立ウラル大学には交換留学生を派遣しています。また、国費や私費でその他のロシア国内やウクライナ、ベラルーシなどの多くの大学に学生が留学しています。さらに、「ロシア語専攻」の学生有志はロシア語劇にも熱心です。文字通り、ロシア語で劇を上演します。これで覚えたセリフは、ずっと忘れないでしょう。

卒業後の進路

fl_rus02.jpg 卒業後の進路は多種多様です。外務省などの官庁、マスコミ、旅行・観光、製造業、商社、金融などの多くの分野で卒業生が活躍しています。本学や他学の大学院に進学する学生もいます。また、ロシア語教員として働いている卒業生も少なくありません。

教員紹介

林田理惠 教授 ロシア語学、ロシア語教育論
神山孝夫 教授(兼担) 印欧語比較言語学、言語類型論、音声学
上原順一 教授 ロシア語学、ロシア語の語形成
藤原克美 教授 ロシア経済
横井幸子 准教授 ロシア語/第二言語教育、言語教育政策、教師教育、第二言語習得理論
Shchepetunina Marina 特任講師


専攻のホームページ

http://www.sfs.osaka-u.ac.jp/user/russian/index.html

学生の声はこちら
copyright © School of Foreign Studies Osaka University. All rights reserved.