文字サイズ
小 中 大
English
情報公開 アクセス

朝鮮語専攻

専攻について

fl_kor02.jpg 朝鮮語は、日本にいちばん近い国で話されている言語です。 朝鮮半島には、現在、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国の2つの国があります。また、中国、旧ソ連、アメリカ、日本などにも朝鮮語を話す人々が住んでいます。朝鮮語は、日本語と語順がほぼ同じです。また、漢字語などが日本語と共通のものが多く、日本語を知っている者にとっては学びやすい言葉で、日本語話者であれば、おそらく他の外国語を学ぶよりも少ない労力で、ある程度のレベ ルまで到達することができると思います。ただし、発音は日本語より複雑で、難しいです。
 本学の朝鮮語は、1963年から専攻としての教育が始まりました。以来50年あまりにわたり、各界に有為な人材を提供してきました。

教育・カリキュラム

 1年次と2年次においては、朝鮮語の習得が中心です。まず、朝鮮語の文字であるハングルを学びながら朝鮮語の発音を身につけ、文法・語彙を習得していきます。朝鮮語のネイティブスピーカーの教員による会話の授業もあります。このほかに、朝鮮の言語文化や朝鮮の歴史・社会についての講義があります。
 3年次においては、語学力のさらなる向上のための授業と同時に、朝鮮の言語・文化・文学についての講義・演習があります。演習では、 学生自身が自分の研究テーマを設定し、学習・研究を進めます。
 4年次においては、卒業論文を作成しなければなりません。

学生生活

 今まで、伝統的に秋に朝鮮語劇を上演してきました。また、3・4年生になると、海外に留学する人がたくさんいます。留学先はさまざま ですが、大韓民国が中心です。留学先での取得単位が、本学での取得単位として認定されることが可能な場合があります。

卒業後の進路

 朝鮮語専攻の前身である大阪外国語大学朝鮮語学科以来、多くの卒業生が商社、販売流通、金融、マスコミ、国際交流、公務員(一般、教職、外務など)その他各界で活躍しています。また、大学で研究・教育に携わっている人もいます。

教員紹介

岸田文隆 教授 朝鮮語学・満洲語学
小西敏夫 准教授 朝鮮語学
裵 姈美  准教授
(酒井裕美 准教授 朝鮮史学)
趙 瑜 美  特任講師 朝鮮語学


学生の声はこちら
copyright © School of Foreign Studies Osaka University. All rights reserved.