文字サイズ
小 中 大
English
情報公開 アクセス
学生生活

在留資格関連

在留期間の更新(在留資格「留学」の方)

在留カードの更新のため、出入国在留管理局へ提出すべき書類はこちらをご確認ください。


1. 在留期間更新許可申請書(所属機関等作成用)の発行について

在留期限の約3か月前から、箕面事務室教務係にて申請を受け付けます。

【申請方法】

以下3点を、箕面事務室教務係へメールで提出。(教務係窓口へ持参、郵送も可)

  1. 在留期間更新・在留資格変更許可申請書(所属機関等作成用)交付願(EXCEL
  2. 在留カード 表裏両面のスキャンデータ(画像またはPDF)
  3. パスポート 顔写真ページおよび(資格外活動許可取得済の方は)資格外活動許可シール貼付ページのスキャンデータ(画像またはPDF)
【交付方法】

申請された書類を発行次第、メールで通知します。
原則、教務係窓口にて交付しますが、希望者は郵送での交付も可能です。
郵送での交付を希望する場合、返信用封筒(宛先を記入したもの)・必要金額分の切手*を教務係まで送付してください。 *定型郵便の場合94円、定形外郵便の場合120円

【申請・問い合わせ先】

言語文化研究科・外国語学部箕面事務室教務係

562-8678 大阪府箕面市船場東3-5-10

メール:genbun-minoh-kyomu[at]office.osaka-u.ac.jp  [at]を@にかえてください。
電 話:072-730-5050/5053


2. 新しい在留カードが交付されたら

箕面事務室教務係にて確認を行いますので、新しい在留カードおよびパスポートを教務係窓口まで持参ください。
登校の機会がない方は、在留カード表裏両面(および資格外活動許可取得済の方はパスポートの資格外活動許可シール貼付ページ)のスキャンデータ(画像またはPDF)をメールで送付ください。


3. 留意事項

メールで個人情報のやり取りをする際は、パスワード保護をしてください。



休学される留学生の方


1. 休学時の注意事項

休学中は、原則留学ビザで日本に滞在することはできません。
休学期間開始前に速やかに帰国してください。
なお、日本出国時には在留カードを「無効」にしてください。
(出国時に返納する、またはカードに穴を開けてもらう)「再入国許可」を得て帰国してはいけません。
ただし、休学中に修学以外の目的があり、その目的に対応するしかるべき在留資格へと変更できるのであれば、休学期間中であっても日本に滞在いただいて構いません。
留学ビザ以外の在留資格で日本に滞在される方は、その旨箕面事務室教務係までお知らせください。


2. 復学時に必要な手続き

復学のため、日本に入国するには、再度留学ビザを取得する必要があります。 留学ビザ取得の流れは、こちらをご確認ください。

留学ビザ申請には、在留資格認定証明書(CESR)が必要です。
本学サポートオフィスHP上でCESR WEB申請をしていただき、サポートオフィスがあなたの代理で出入国在留管理庁へCESRの申請をします。
CESR取得の流れについては、こちらをご確認ください。

CESR WEB申請に必要な資料は、箕面事務室教務係にてご用意します。
復学のためCESR WEB申請を始める旨、箕面事務室教務係までご連絡ください。

【連絡先】

箕面事務室教務係 genbun-minoh-kyomu[at]office.osaka-u.ac.jp  [at]を@にかえてください。
メール受領後、以下の資料を返送し、詳しくご案内します。

  • Form1: 査証申請について
  • Form2: CESR Web申請とVisa申請書のためのインフォメーションシート

資料受領後、サポートオフィスHPに記載の通りCESR WEB申請をしてください。

昨今、CESR申請の審査に3か月ほど時間を要するため、以下の時期を目安にCESR WEB申請を完了させてください。

  • 4月復学者 :前年12月下旬~当年1月上旬
  • 10月復学者 :6月下旬~7月上旬


家族の呼び寄せ

家族(配偶者・子)を日本に呼び寄せる場合は、こちらをご確認ください。



資格外活動

学費や生活費を補うためにアルバイトをする場合は、こちらをご確認ください。



再入国(日本を一時的に出国する方)

留学ビザの取り扱いについてはこちらをご確認ください。


1. 海外渡航届システム

大阪大学のWEBシステムです。
海外渡航する方は、目的にかかわらず全員が登録対象です。
海外でテロや災害等が発生した時の安否確認のために、皆さんが登録される情報を利用です。
渡航目的が一時帰国の場合も、必ず登録をお願いいたします。
海外渡航届システムはこちら


2. アパートの家賃について

前もって家賃を支払うことを忘れたまま日本を離れ、トラブルになる留学生が必ずいます。
家賃滞納にならないように、契約書に定められた日までに、翌月分の家賃を前払いしてください。



特定活動ビザの取得(卒業/修了後、日本で就職活動を継続して行う方)

大阪大学を卒業/修了する在留資格「留学」を所持する留学生が、卒業前に日本で行っていた就職活動を卒業後も継続して行う場合は、在留資格を「特定活動」(在留期間6か月)に変更する必要があります。
更新は1回のみ認められます。

  • ※ 卒業後は「留学」の資格で在留できませんので速やかに変更ください。
  • ※ 資格変更申請前に出国された場合、特定活動への変更はできません。

申請に必要な書類は法務省HPをご確認ください。

申請に必要な書類のうち、「直前まで在籍していた大学による継続就職活動についての推薦状」は箕面事務室教務係にて発行します。以下のとおり申し込みください。

【申請方法】

以下4点を、箕面事務室教務係まで提出。(メール提出は認めない。)

  1. 継続就職活動に係る推薦状発行願(EXCEL
  2. 在留カード表裏のコピー
  3. 就職活動中であることを示す書類
  4. 卒業/修了証明書 ※在留資格変更の場合のみ必要
    →在学中に申請される場合は、卒業/修了見込証明書(交付時に卒業/修了証明書提出)
【留意事項】
  • 卒業/修了日以降、教務係窓口にて交付します。更新の方は、申請1週間後に交付します。
  • 郵送での交付を希望する場合、返信用封筒(宛先を記入したもの)・必要金額分の切手*を教務係まで送付してください。*定型郵便の場合84円、定形外郵便の場合120円
【問い合わせ先】

言語文化研究科・外国語学部箕面事務室教務係
562-8678 大阪府箕面市船場東3-5-10
メール:genbun-minoh-kyomu[at]office.osaka-u.ac.jp  [at]を@にかえてください。
電 話:072-730-5050/5053



その他

査証(ビザ)と在留資格認定証明書(CESR)に関する手続きについては、こちらをご確認ください。

copyright © School of Foreign Studies Osaka University. All rights reserved.