文字サイズ
小 中 大
English
情報公開 アクセス

外国語学部長からのご挨拶


外国語学部長 東 明彦

 大阪大学外国語学部は、外国語学科に中国語専攻、朝鮮語専攻、モンゴル語専攻、インドネシア語専攻、フィリピン語専攻、タイ語専攻、ベトナム語専攻、ビルマ語専攻、ヒンディー語専攻、ウルドゥー語専攻、アラビア語専攻、ペルシア語専攻、トルコ語専攻、スワヒリ語専攻、ロシア語専攻、ハンガリー語専攻、デンマーク語専攻、スウェーデン語専攻、ドイツ語専攻、英語専攻、フランス語専攻、イタリア語専攻、スペイン語専攻、ポルトガル語専攻、日本語専攻という多彩な25専攻を設置し、入学定員580名を擁する国立大学で唯一の外国語学部です。

 本学部は、2007年(平成19年)10月、大阪大学と大阪外国語大学との統合に伴い設置されました。ただし、その歴史は、1921年(大正10年)に大阪の実業家の寄附をもとに創設された官立の大阪外国語学校にまで遡り、1949年(昭和24年)に発足した国立の大阪外国語大学を経て、現在に至っています。

 その教育理念は、外国語学部規程に「外国の言語及びそれを基底とする文化一般について理論及び実際にわたって教授研究し、国際的な活動をするために必要な広い知識及び高い教養を与え、言語を通じて外国に関する深い理解を有する有為な人材を養成することを目的とする」と定められています。これは、本学部の母体となった上述の旧大阪外国語大学の理念を引き継いだもので、本学部の各専攻では、そのような理念に基づき、世界の主要な国々の言語を専攻語として徹底した言語教育を行い、それを基底とした言語や文学、文化、社会に関する専門教育を実施しています。

 外国語学部の教育の特色は、4年一貫の専攻語教育・専門教育です。学生は、1・2年次から、ネイティブスピーカーによる授業を含む、専攻語の授業を必修科目として履修し、3・4年次においては、専攻語および英語の高度な運用能力をもとに、世界各地域の言語や文学、文化、社会に関する専門的な知識を身につけます。

 また、本学部の学生は、海外志向が強く、大学間学術交流協定や部局間協定にもとづく交換留学、さらには各学生が主体的に計画する私費留学や短期留学などによって、多くの学生が在学中に海外滞在経験を持つことになります。

 最近、大学に求められるミッションの一つとして、「グローバル人材」の育成が挙げられるようになりました。つまり、高度な言語能力と異文化理解能力・異文化コミュニケーション能力、さらに主体姓・協調性・使命感を併せ持った人材を育成せよとの社会的な要請です。

 「グローバル人材」というと何か新しい概念のように感じられますが、「大阪に国際人を育てる学校を」という趣旨のもとに設立された上述の大阪外国語学校以来、旧大阪外国語大学の時代を貫き、現在の外国語学部規程に結実した教育理念「外国に関する深い理解を有する有為な人材を養成すること」は、まさに「グローバル人材」の育成と相通ずるものです。

 外国語学部は、今後も、時代の要請に応じた新しい教育を目指して、果敢にさまざまな取り組みに挑戦していく所存ですが、同時に、長い伝統の中で育まれた普遍性のある教育の理念や特色は、大切に守っていきたいと考えています。

平成25年10月1日

学部長お勧めリンク:
 大阪大学外国語学部の教員が関係する外国語関連の楽しいリンクです。
●言語マップ(外国語学部)
  http://www.sfs.osaka-u.ac.jp/jpn/edu02.html
●高度外国語教育独習コンテンツ(世界言語研究センター)
  http://el.minoh.osaka-u.ac.jp/flc/index.html
copyright © School of Foreign Studies Osaka University. All rights reserved.