文字サイズ
小 中 大
English
情報公開 アクセス

日本語専攻

専攻について

fl_jpn01.jpg 外国語学部に日本語専攻があるというのは、ちょっと不思議な感じがする人もいることでしょう。日本語専攻には日本語を母語としない留学生だけが入れると思っている人もいるかもしれません。もちろん日本語専攻には留学生もいますが、多くは日本人学生です。日本語を母語とする人はもちろん無意識に日本語を使いこなすことができます。でも例えば留学生に「正門の前で車を止める」と「正門の前に車を止める」はどう違うか尋ねられたらどう答えればよいでしょうか。無意識のう ちにできることであっても、なぜそうなのかと意識化して考えることは意外に難しいことです。それはちょうど、母語以外の言語を「外国語」として学ぶように、母語である日本語を「外国語」としてあらためて意識化して学ぶことなのです。留学生と日本人学生が同じクラスの中で日本語を「外国語」として学ぶのは、双方の学生にとって大きな刺激となります。

教育・カリキュラム

fl_jpn02.jpg 日本語専 攻では、外国語学部が提供している25(留学生用の専攻語日本語を含む)の専攻語の中から1つを身につけ、その上で日本語・日本文化を客観的に捉えること を目標としています。最初の2年間は、外国語学部の25の外国語のうちから一つを専攻語として学ぶと同時に、日本語専攻の基礎的な科目を学びます。3,4年生では、日本語学・日本語教育学・日本文化学・言語学の領域にわたって、日本語を外国語のように観察し客観的に見る目を養えるよう指導しています。特に日本語教育に関しては、本学日本語・日本文化教育センターをはじめ、国内外の教育機関の協力を得、日本語教育の現場見学や教育実習の機会も設けています。

学生生活

fl_jpn03.jpg 日本語専攻では、一般の学生と留学生が一体となって、活気のある授業を展開しています。また、在学中に英語圏のみならず、専攻語の国や地域への留学の可能性もあります。本学の留学生に日本語を教えるチューターの仕事をする機会もあります。

卒業後の進路

 卒業生は、一般企業(銀行、旅行業、航空会社、マスコミ、出版社、服飾関係、製薬会社、IT関連企業、日本料理店等)への就職や、 公務員、中学・高校教員などの仕事に就く人が大半ですが、海外で日本語教師として働く人や、大学院に進学する人も多いのが特徴です。

教員紹介

眞嶋潤子 教授 日本語教育学
平田由美 教授(兼担)日本文学
堀川智也 教授 日本語学
筒井佐代 教授 日本語教育学
清水康次 教授(兼担)日本文学
今井忍 教授(兼担)日本語学・言語学
五之治昌比呂 教授(兼担)比較文学
柴田芳成 准教授(兼担)日本古典文学
儀利古幹雄 講師 音声学、音韻論、社会言語学
水野亜紀子 講師(兼担)日本文学
山泉 実  講師 言語学
永原順子  助教 日本文化論

専攻のホームページ

http://www.sfs.osaka-u.ac.jp/user/japanese/

学生の声はこちら
copyright © School of Foreign Studies Osaka University. All rights reserved.