文字サイズ
小 中 大
English
情報公開 アクセス

イタリア語専攻

専攻について

i01.jpg イタリアは西洋の文化・歴史において重要な位置を占める地域です。芸術,文学,思想,科学,音楽,あるいは映画やファッションにいたるまで,イタリアは中世・ルネサンス以来,独創的な天才を多数輩出し,西洋の文化において大きな存在感を示してきました。イタリア語の習得は,このような多彩な文化領域の研究と実践に直結しています。
 
 このような重要性をもつイタリアですが,残念ながら国内では専門的にイタリア語を学ぶことのできる教育機関はわずかな数に限られています。その少ないひとつとして,大阪大学外国語学部イタリア語専攻は,よそではできないと自負するオリジナルな教育プログラムを提供しています。

教育・カリキュラム

i02.jpg

 1年次には,週5コマの実習授業でイタリア語の基礎を習得します。実習の内訳は,総合基礎(週2コマ),会話,LL,講読(各1コマ)の5コマです。この1年次の授業を通じてイタリア語のしくみを学び,基本的な語彙と表現を習得し,イタリア人との日常のやりとりの基本ができるようになることを目指します。

 2年次には,同じく週5コマ(上級文法,講読,会話,LL,作文)の実習授業を通じて,読解力と表現力を養成します。2年次の達成目標は,辞書を頼りに新聞の一般的な記事や専門分野の簡単な文章を読むことができるようになること,さまざまなテーマについて自分の考えを述べることができるようになることです。

 3・4年次には,それまでに学びとったイタリア語の能力を駆使して,言語,文学,歴史,社会学,美学など様々な文化領域の講義・演習を受講することになります。

  全般的にまとまりがいいですが、ひたすらわが道を進むマイペースな学生さんもチラホラ。3・4年次には毎年半数以上の人が、半年から1年の予定でイタリアに留学しています(英語圏に留学する方もいま す)。
 またイタリア語専攻では、大学の語劇祭に毎年参加し、イタリア語で上演を行っています。先輩たちに交じって、イタリア語を学び始めたばかりの1年生も立派に舞台に立っています。上演会場には応援に駆けつける卒業生の姿も見られます。

学生生活

 全般的にまとまりのよい専攻ですが,ひたすらわが道を進むマイペースな学生さんもいます。3・4年次には毎年半数近くが,1年程度の期間,イタリアの外国人大学,語学学校や各種専門学校に留学しています(英語圏に留学する方もいます)。i03.jpg

 またイタリア語専攻では,語劇の上演に毎年参加しています。イタリア語を学び始めたばかりの1年生でも立派に舞台に立っています。上演会場には卒業生の姿も見られます。





卒業後の進路

 各種商社,電器,自動車会社,銀行,服飾関係,教員(英語),公務員(外務公務員含む)など,i04.jpg文系の一般的な就職先が中心です。イタリアとは直接関係のない方面に就職する人が割合としては多いのですが,イタリア語の能力を買われて採用される人もたくさんいます。

 

 

 

 

 

教員紹介

郡     史郎 教授 音声コミュニケーション

ベルテッリ,ジュリオ 准教授    日伊交流史

菊池 正和  准教授 イタリア演劇・シチリア文学

井本 恭子  准教授(兼担) 人類学

桑木野 幸司 准教授(兼担) 西洋美術・建築・庭園史

カルディ,ルチャーナ 特任講師 比較文学

i05.jpg

 


学生の声はこちら
copyright © School of Foreign Studies Osaka University. All rights reserved.