大阪大学外国語学部 外国語学科ペルシア語専攻 ホームページへ
大阪大学外国語学部
外国語学科ペルシア語専攻
〒562-8558 大阪府箕面市粟生間谷東8-1-1
お問合せメールはこちら
Contents
トップページ
ご挨拶
沿革
趣旨と概要
教員紹介
開設科目
学生生活
卒業生の進路
関西イラン研究会
研究活動
専攻内連絡(関係者のみ)
 
  教員紹介
 
大学院言語文化研究科所属教員  
    
教授 藤元 優子    ペルシア文学が専攻分野で、とくに現代の散文学を研究してきまし た。授業でも、ペルシア語の実習のほかに、小説を読んだり、文学史概論を受け持ったりしています。最近は、ジェンダーの問題に興味があり、文学のみならず、映画や演劇、演芸などにも視野を広げて、取り組んでいこうと考えています。
       
准教授 竹原 新    専攻はイラン伝承文化学で、主にペルシア語で語られる口承文芸を研 究対象としています。イランの民俗学者アンジャヴィー・シーラーズィー編『イランの民話』をはじめとする文献資料と独自に行ったフィールドワークで得た資 料を用いて、イランの口承文芸を多角的に研究しています。特に、イランにおける民俗学的境界論、異人論に興味があります。
       
講師 ジャヘドザデ ショルブラグ、ベヘナム    専門は対照言語学で様々な言語現象に関心を持っています。特に、ペルシア語の文の形成、語順、語形成などを研究しています。面白いことに、ペルシア語は単文が日本語と同じく主語、目的語、動詞という語順ですが、複文では目的語を最後に置くという英語に近い構造をもっています。このようなペルシア語の言語学的な現象を研究し、ペルシア語やイランで話されている言語に関する知識を深めていくのが目的です。大学では主にペルシア語文法、ペルシア語学演習や一般言語学の講義を担当しています。
       
特任准教授 レザーイーバーグビーディー、ハサン    古代イランの言語文化、および、サンスクリットを専攻としております。主として古代イランの歴史と文化、古代イラン諸語、アヴェスタ語、パフラヴィー語、パルティア語、ソグド語、サンスクリット、ゾロアスター教、マニ教の分野で研究しております。
       
       
大学院文学研究科所属教員  
    

准教授

 

堂山英次郎    現代ペルシア語の源流である古ペルシア語は,同じイランの古代語であるアヴェスタ語と姉妹(方言)関係にあり,それらは更に古インド語(サンスクリット語)と共通の言語に遡ります。私の専門はインドとイランの古語資料を,この共通文化の観点から読み解くことです。言語・文法が専門ですが,むしろ神話や思想をも含めた総合的な文献理解を目指し研究しています。授業では古イラン語を通じて,皆さんが勉強する現代ペルシア語の文化的背景を探ります。
       
       
外国語学部非常勤教員    
非常勤講師 河田 久美    専門分野はイラン史(18世紀末〜20世紀初頭)です。イラン南部のファールス地方を拠点にする地方勢力、中央政界から地方に赴任した有力者の動向に関心を持ち、ペルシア語の年代記・地方誌・回想録、イギリス人外交官の英文手記・外交文書を読んできました。授業では、イスラム誕生(西暦7世紀)以降のイラン史概説、主に19世紀に記された文献(ペルシア語または英語)を通した当時の政治・社会・経済について講義しています。
       

非常勤講師

 

森田 豊子    専攻は、イラン地域研究で、現代イラン並びに現代中東の 政治的、社会的な動向について研究しています。 主に、イランにおける教育について、日本におけるイラン人を 含めたムスリムの子どもの教育について分析していくのが、 現在の課題です。大学では「イラン文化講義IVaおよびb」で、3・4年生を対象にした、現代イランと中東イスラーム世界の諸問題について講義形式での授業を行っています。
       
非常勤講師 吉田 雄介    イランは抽象的な国ではありません。地理的にみれば凸凹の大地からなる具体的な地域から構成され、人々の歴史が刻み込まれた多様性に満ち満ちた場所です。私は手織物・敷物生産という地域に根差した生業を軸にして、「イラン」という場所を地理学的手法で研究しています。授業では、少しでもイランの多様性を理解することができるようにイランの地誌を多面的に講義しています。
       
 
 
 
 
このページのトップへ
Copyright (c) 2007 Persian Language Major, Department of Foreign Studies, School of Foreign Studies, Osaka University.